八面六臂株式会社
カート

menu

search



PAGE TO TOP


京みず菜

京みず菜は、京の伝統野菜の一つで、江戸時代の書物「雍州府誌」に東寺や九条辺りで栽培されていた記録があり、古くから京都を中心に栽培されてきたものと考えられています。葉に深い切れ込みがあり、茎は細く、シャキシャキした軽快な食感が特徴です。クセがないのでサラダや煮びたし、鍋物など、幅広い用途でお使いいただけます。


京みず菜 2件中 1件〜2件

  • ブランド
    京みず菜

    産地
    京都府

    入量
    200g位

    税抜価格 200 円/pc


    税込価格
    216 円/pc

    関東水菜と異なり、茎が細くシャキシャキ感が楽しめます。又、丈も短めで茎の部分が短いので、葉付の部分が多く感じられます。在来種となり京都の地に根付いた品種です。生サラダはもちろん、さっと茹でて歯ごたえをお楽しみ下さい。


    関東水菜と異なり、茎が細くシャキシャキ感が楽しめます。又、丈も短めで茎の部分が短いので、葉付の部分が多く感じられます。在来種となり京都の地に根付いた品種です。生サラダはもちろん、さっと茹でて歯ごたえをお楽しみ下さい。


  • ブランド
    京みず菜

    産地
    京都府

    入量
    150-200g位

    税抜価格 185 円/pc


    税込価格
    199 円/pc

    関東水菜と異なり、茎が細くシャキシャキ感が楽しめます。又、丈も短めで茎の部分が短いので、葉付の部分が多く感じられます。在来種となり京都の地に根付いた品種です。生サラダはもちろん、さっと茹でて歯ごたえをお楽しみ下さい。

    入荷無し


    関東水菜と異なり、茎が細くシャキシャキ感が楽しめます。又、丈も短めで茎の部分が短いので、葉付の部分が多く感じられます。在来種となり京都の地に根付いた品種です。生サラダはもちろん、さっと茹でて歯ごたえをお楽しみ下さい。



カテゴリ一覧