うるい

山かんぴょうやギンポとも呼ばれていますが、正式な名称はオオバキボウシで、味や香りにクセや苦味はなく、シャキシャキとした食感で、ねぎに似たぬめりがあります。本州から北海道にかけて山地や草原など湿り気のある場所に広く自生していますが、いまでは促成栽培が進み、容易に手に入るようになりました。多く出回る時期は4月から5月頃で、主な産地は、山形、徳島です。歯触り生かして生のままサラダにしたり、ぬめりを出したいときは、茹でるか叩いてから使います。スープなどの具材や炒め物などにも利用できます。

絞り込み

うるい 商品一覧

  • 産地
    山形県ほか

    税抜価格 368 円/pc


    税込価格
    397 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。画像サンプルです。


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。画像サンプルです。


  • 産地
    新潟県

    入量
    100g位

    税抜価格 248 円/pc


    税込価格
    267 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    新潟県ほか

    入数
    100

    税抜価格 368 円/pc


    税込価格
    397 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。写真はイメージです


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。写真はイメージです


  • 産地
    山形県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 340 円/pc


    税込価格
    367 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    山形県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 158 円/pc


    税込価格
    170 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    山形県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 258 円/pc


    税込価格
    278 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    山形県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 230 円/pc


    税込価格
    248 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    山形県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 299 円/pc


    税込価格
    322 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    山形県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 310 円/pc


    税込価格
    334 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。


  • 産地
    新潟県ほか

    入量
    100g位

    税抜価格 189 円/pc


    税込価格
    204 円/pc

    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。

    入荷無し


    うるいは山カンピョウやギンボなどとも呼ばれていますが、正式にはオオバギボウシという名が付いています。本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。天ぷらや、生で食べても美味しいです。



おすすめキーワード

カテゴリ一覧

果菜


葉物


根菜


豆類・豆腐・油揚げなど


芋類・こんにゃくなど


きのこ


トリュフ・トリュフ関連商品


山菜


西洋野菜


ハーブ類


つま・飾り


カット野菜(冷蔵)


加工済み野菜(冷凍・常温)