河内晩柑

河内晩柑(かわちばんかん)は、文旦の仲間で、1905年に熊本県の河内町で見つかった偶発実生です。親は不明ですが、発見地にちなみ「河内晩柑」と名付けられました。果皮は黄色く、直径10cm前後の大玉で、その見た目から「和製グレープフルーツ」ともいわれています。平均糖度10度から11度のすっきりとした甘みと豊富な果汁が持ち味ですが、長いあいだ樹上で栽培される品種のため、収穫期によって味わいに違いが生まれます。出荷元によって様々な呼び名が付けられていることも特徴のひとつで、「愛南ゴールド」「宇和ゴールド」「美生柑(みしょうかん)」「ジューシーフルーツ」「灘オレンジ」などの名前で商品化されています。主要産地は愛媛県で、4月から8月頃までが収穫期になります。

絞り込み

河内晩柑 商品一覧

  • 産地
    熊本県

    入量
    280g位

    入数
    1玉

    税抜価格 92 円/玉


    税込価格
    99 円/玉

    グレープフルーツの様に果汁が多く酸味はグレープフルーツ程強くありません。水分が多く、酸味が強い場合には常温で保管すると酸味が抜けます。

    入荷無し


    グレープフルーツの様に果汁が多く酸味はグレープフルーツ程強くありません。水分が多く、酸味が強い場合には常温で保管すると酸味が抜けます。


  • メーカー
    中嶋祐一

    産地
    熊本県

    入量
    190-220g位

    入数
    1個

    税抜価格 138 円/個


    税込価格
    149 円/個

    熊本県三角町、中嶋祐一さんの河内晩柑のご案内です。中嶋さんの平均的な樹齢25年剪定を繰り返し大事に育てた木です。栽培中、実がなってからは一切農薬を使っていないこだわりの商品です。もちろん化学肥料、除草剤も不使用です。木が育っている環境は、鶏糞中心の堆肥で、足元には雑草が茂る草生栽培です。農薬を使用しない分木の間隔を広くあけ、風通しの良い状態を作っています。場所によって土の質が異なるので、土の状態を見ながら土づくりをするなどの工夫もしています。市場では絶対に手に入りません。バイヤー独自のルートです。見てくれは悪いですが、味は抜群です。惰性で1玉剥いちゃったから食べるか・・。という気持ちではなく、もうひと房食べたいという欲求が湧いてくる味です。

    入荷無し


    熊本県三角町、中嶋祐一さんの河内晩柑のご案内です。中嶋さんの平均的な樹齢25年剪定を繰り返し大事に育てた木です。栽培中、実がなってからは一切農薬を使っていないこだわりの商品です。もちろん化学肥料、除草剤も不使用です。木が育っている環境は、鶏糞中心の堆肥で、足元には雑草が茂る草生栽培です。農薬を使用しない分木の間隔を広くあけ、風通しの良い状態を作っています。場所によって土の質が異なるので、土の状態を見ながら土づくりをするなどの工夫もしています。市場では絶対に手に入りません。バイヤー独自のルートです。見てくれは悪いですが、味は抜群です。惰性で1玉剥いちゃったから食べるか・・。という気持ちではなく、もうひと房食べたいという欲求が湧いてくる味です。



カテゴリ一覧

柑橘類


いちご


りんご・柿・梨


ぶどう・ベリー系


メロン


すいか


バナナ


キウイフルーツ


桃・プラム


さくらんぼ・チェリー


パイナップル


南国フルーツ類


梅・いちじく・びわ・あけび・ザクロ・杏など


ドライフルーツ・ジャム・缶詰など


ナッツ類