アコウダイ(メヌケ)

カサゴ目フサカサゴ科メバル属
目抜、Sebastes matsubarae
生息域:本州から四国の太平洋側
旬時期:1月~2月
調理法:刺身、塩焼き、煮つけ、粕漬け

アコウダイ

基本情報

冬の惣菜魚の代表とされるアコウダイ。水圧の高い深海に住んでいるため、引き上げられるときに目が飛び出すため、メヌケとも呼ばれる。メヌケの仲間には、ほかにもオオサガ、バラメヌケなどがあるが、味はアコウダイが最高。ほかのメヌケは大味である。違いは、アコウダイがオレンジがかっているのに対して、ほかのメヌケは真っ赤である。またアコウダイの方が鱗が小さい。肉は白身で美味。刺身や寿司はじめ、煮つけや鍋、揚げ物などで人気が高い高級魚の定番。赤魚と表記されることがあるが、アカウオを和名とするのはハゼ科の別種の魚である。関西でアコウといえば、通常は本種ではなくキジハタを指す。

名前の由来

鯛に外形が類似し、鮮やかな赤色の体色を有することに由来する。水深500-700mの深い海に生息するため、釣り上げられた時、水圧の急激な変化により目が飛び出すことから「目が抜け出る」という意味でメヌケの別名を持つ。メヌキ(東京)、アカウオ(富山)と呼ばれることもある。江戸時代以前から知られており、「大和本草」、「興化府志」、「本朝食鑑」などの書物に記述がある。

特徴

体長は30~50cmほど。体色は鮮やかな赤色で、若魚は背に5色の暗色斑を持つ。同じメバル属の他のメヌケ類とは、眼窩下に棘があることと、頭の背面に3条の暗色帯がないことから区別できる。背びれの棘は13本。眼窩下縁に小棘がある。深海500-700mの岩礁域に生息する。海老、イカ、小型魚類などを捕食する。12月から4月にかけての繁殖期には、水深200mほどの場所まで上がり、10~30万個の卵をメスの体内で孵化させる卵胎生である。孵化直後の幼魚は約4mm。太平洋側では青森県から高知県沖に分布し、相模湾・駿河湾に多い。日本海側では新潟県から山口県沖にも分布が見られる。

食材情報

新鮮なものは刺身が旨い。イシダイに似たさっぱりした味わいである。皮下に脂を蓄えるため、刺身にする際には、皮霜造りにすると美味。かつては鯛や鱈の代用としても使われていたが、近年では漁獲量が激減し、高級魚となっている。クセのない淡泊な味ながら、脂乗りがよく、鍋の具材や粕漬けにしても旨い。また、皮目に酒を塗りながら焼く若狭焼きも美味。火を通す場合は、皮が縮むので、皮に包丁目を入れておく。日本では江戸時代以前から知られており、「本朝食鑑」「大和本草」などの書物に記述がある。

体表が鮮やかな赤色で、目が澄んでいるもの。身がしっかりしたものを選ぶ。活きのいいものは体色が鮮やかで、皮が破れておらず、目もつぶれていない。市場で「赤魚」と称して売られているのは近縁のアラスカメヌケやタイセイヨウアカウオであることが多い。アコウダイとホウズキは外形が酷似している。ホウズキは尾びれの後方が微かに膨らみ、アコウダイはへこんでいる。栄養価としては、DHA、EPA、ビタミンA、ビタミンB1を豊富に含有する。

・アラ汁
身を刺身で食べた後、アラを霜降りにしてから、水から煮る。アクを取りながら、煮立たせないように弱火で火を通す。塩で味付けし、刻みネギ、ショウガを添えて提供する。

漁獲法

深海延縄や深海釣り。繁殖期を迎える12~4月が漁期。10数本の枝針を付けた深海用の大型リールや胴突竿を用いるが、一本の竿に針の数だけアコウダイがかかる様子を、その赤く華やかな外見から「アコウの提灯行列」という。海一面に赤い椿の花が咲き乱れるようであることから、「海の椿」と呼ぶ地域もある。

東京湾や相模湾でも釣りでは根強い人気がある。10数本の針をつけた仕掛けを400~800mの深海に落とすのがアコウダイ釣りの難しいところ。落とすのに10分以上、巻き上げるのに20~30分間かかる。水圧の高い深海から釣り上げてくると、浮き袋、眼球が膨れ上がり、浮力でどんどん浮き上がってくる。釣り師の待ち望んだ瞬間である。