わらび

わらびは、日当たりの良い野原や山地に自生し、可食する若芽は独特の風味と苦味が特徴です。4月から5月頃に出回り、主な産地は山形、秋田、新潟です。わらびは山菜のなかでも特にアクが強いため、調理の際に下処理が欠かせません。沸騰した重曹入りのお湯にワラビを入れて、再度沸騰したら火を止め、お湯が冷めたら新しい水と交換して一晩置けばアク抜きの完了です。お浸しや炊きこみご飯、天ぷらがおすすめです。

絞り込み

わらび 商品一覧

  • 産地
    群馬県

    入量
    200g位

    税抜価格 300 円/束


    税込価格
    324 円/束

    天然のわらびです。わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。


    天然のわらびです。わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。


  • 産地
    栃木県ほか

    入量
    500g位

    税抜価格 1,200 円/箱


    税込価格
    1,296 円/箱

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。


  • 産地
    栃木県ほか

    入量
    500g位

    税抜価格 980 円/箱


    税込価格
    1,058 円/箱

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。


  • 産地
    栃木県ほか

    入量
    500g位

    税抜価格 1,500 円/箱


    税込価格
    1,620 円/箱

    画像はサンプル。わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。

    入荷無し


    画像はサンプル。わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。


  • 産地
    栃木県ほか

    入量
    500g位

    税抜価格 980 円/箱


    税込価格
    1,058 円/箱

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。


  • 産地
    長野県ほか

    入量
    180-200g位

    税抜価格 108 円/pc


    税込価格
    116 円/pc

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。


  • 産地
    長野県ほか

    入量
    120g位

    税抜価格 118 円/pc


    税込価格
    127 円/pc

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。


  • 産地
    長野県ほか

    入量
    180-200g位

    税抜価格 108 円/pc


    税込価格
    116 円/pc

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。


  • 産地
    長野県ほか

    入量
    180-200g位

    税抜価格 121 円/pc


    税込価格
    130 円/pc

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。スポット大特価でのご案内です。


  • 産地
    京都府

    入量
    150g位

    税抜価格 280 円/pc


    税込価格
    302 円/pc

    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。京都府南丹市の奥村さんの作るわらびは、農薬、化学肥料不使用の安心してお召し上がれる品物です。スーパには一切出回らないスーパーレア商品です。

    入荷無し


    わらびは、「やまねぐさ」ともよばれ、その若芽は春の山菜として古くから賞味されていました。灰汁の抜き方は500gのわらびに対して、大きめの容器にわらびを並べ、熱湯に溶かした重曹を小さじ1杯程度入れて、全体が浸かるように押し蓋をして一昼夜おきます。その後、水洗いをして料理にご使用ください。灰汁の抜け具合が悪く苦味が残る場合は湯で時間を伸ばすか、2、3時間水にさらしてください。茎の硬い部分は鮮度を保つために長めになっていることが多いので、硬い部分は切ってご利用ください。京都府南丹市の奥村さんの作るわらびは、農薬、化学肥料不使用の安心してお召し上がれる品物です。スーパには一切出回らないスーパーレア商品です。



この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


カテゴリ一覧

果菜


葉物


根菜


豆類・豆腐・油揚げなど


芋類・こんにゃくなど


きのこ


トリュフ・トリュフ関連商品


山菜


西洋野菜


ハーブ類


つま・飾り


カット野菜(冷蔵)


加工済み野菜(冷凍・常温)