日野菜漬け

日野菜漬けは滋賀県の郷土料理で、赤かぶの一種である日野菜(ひのな)の漬物です。日野菜は滋賀県の伝統野菜で、根の上部や茎が紫紅色なことから「緋の菜」とも呼ばれ、ほど良い苦味と辛味が特徴です。日野菜漬けには、ぬか床に漬けた「ひね漬け」や、葉の付いた状態で下漬けしてから甘酢に漬け込んだ「えび漬け」があり、1998年には県が定めた「滋賀の食文化財」に選定されています。

絞り込み

日野菜漬け 商品一覧

  • ブランド
    吉岡屋本店

    産地
    日本

    入量
    100g位

    税抜価格 220 円/pc


    税込価格
    237 円/pc

    快い歯ごたえと素朴な味わいで、伊賀の冬の食卓には欠かせない日野菜漬。日野菜はかぶの仲間で滋賀を体表する伝統野菜。秋から晩秋にかけて旬を迎える日野菜は、独特の辛味があり漬物にすると風味が良くなり、昔から漬物としてよく使われています。 程よい苦味と淡いピンク色が食欲をそそります。

    / pc


    快い歯ごたえと素朴な味わいで、伊賀の冬の食卓には欠かせない日野菜漬。日野菜はかぶの仲間で滋賀を体表する伝統野菜。秋から晩秋にかけて旬を迎える日野菜は、独特の辛味があり漬物にすると風味が良くなり、昔から漬物としてよく使われています。 程よい苦味と淡いピンク色が食欲をそそります。


  • メーカー
    株式会社やまじょう

    産地
    日本

    入量
    125g位

    税抜価格 400 円/pc


    税込価格
    432 円/pc

    近江の冬にはかかせない、伝統野菜日野菜を刻み酢漬けにした日野菜漬け。淡い色合いが美しく、甘味がある素朴な味わいで、桜漬けとも呼ばれ、伊賀の冬の食卓には欠かせません。日野菜はかぶの仲間で滋賀を体表する伝統野菜。秋から晩秋にかけて旬を迎えるひの菜は、独特の辛味があり漬物にすると風味が良くなり、昔から漬物としてよく使われています。

    入荷無し


    近江の冬にはかかせない、伝統野菜日野菜を刻み酢漬けにした日野菜漬け。淡い色合いが美しく、甘味がある素朴な味わいで、桜漬けとも呼ばれ、伊賀の冬の食卓には欠かせません。日野菜はかぶの仲間で滋賀を体表する伝統野菜。秋から晩秋にかけて旬を迎えるひの菜は、独特の辛味があり漬物にすると風味が良くなり、昔から漬物としてよく使われています。



カテゴリ一覧

惣菜


珍味


乾物


練製品


漬物(和風)


漬物(洋風その他)


フライ商品(水産品)


フライ商品(畜産品・農産品)


デザート関係