マテガイ

マルスダレガイ目マテガイ科マテガイ属
馬刀貝、Japanese jacknife clam
生息域:北海道以南
旬時期:冬~春
調理法:焼き貝、茹で貝、酒蒸し、佃煮、味噌汁

マテガイ

基本情報

細長い独特の形だが、アサリなどの仲間となる二枚貝。肉厚の身は柔らかく甘みがあり、殻つきのまま焼くと美味。酒蒸しや酢の物、酢味噌和えのほか、よい出汁が出るので味噌汁にしても良い。かつては国内の干潟でどこでも見られたが、近年は数が減っている。

名前の由来

中国の「馬刀(マータオ)」という刀に形状が似ていることに由来する。ほかに、殻の両側から水管を出している様が左右の「真手」に似ているためとする説がある。馬蛤貝とも表記される。竹を縦に割ったような細長い形状から、カミソリガイの別名を持つ。 そのほかの地方名に、シオスクイ、ソリガイ、タケガイ、タツノツメ、タテガイ、チンホガイ、ツメガイ、ホンマテ、マタガイ、マテなどがある。

特徴

殻長12cm、殻高1cm程度。殻は薄く、表面は緑黄色の殻皮で覆われている。殻は細長く、両殻を合わせると筒型の独特の形をしている。北海道中南部から中国大陸にかけて分布し、内湾の砂泥域に生息する。国内では、瀬戸内海や三河湾、東京湾など内湾の干潟に多く見られる。

食材情報

肉厚の身は柔らかく、ほのかな甘みがあり、殻つきのまま焼くと美味。酒蒸しや茹で貝、酢の物、酢味噌和えにも向く。味噌汁にしてもよい出汁が出る。旬は冬から春。煮て乾燥させたものは、中華料理の高級食材となる。生きているもので、殻が開いていないもの、触ると身が引っ込むもの、身がやせていないものを選ぶ。保存するときは氷などで冷やしすぎないこと。

市場での評価

かつては、国内の干潟でよく見られる貝で、潮干狩りなどでも獲られていたが、現在では数が減っており、流通は少ない。値段はやや高め。主な産地は、大分県、山口県など。近縁種のアカマテガイ、エゾマテガイと総称してマテガイとして流通していることが多い。築地には、10月~2月頃まで国産、12月以降にオランダ産の輸入物が入荷する。国産物でキロあたり2,000~2,500円程度、輸入物で1,500~2,000円程度。大きなものほど高い。主な産地は三重県・愛知県・熊本県・山口県。

漁獲法

塩分濃度に敏感で、急激な変化があると巣穴から飛び出す性質を持つことから、干潮時に干潟のマテガイの穴に塩を振り込み、満潮と間違えたマテガイが飛び出してくるところを獲る漁獲法が一般的。長崎県佐世保市では長さ90センチの鉄製棒の先に返しが付いた「かぎ針」で取るかぎ針漁が行われている。中国で養殖されている。