八面六臂株式会社
カート

menu

search



PAGE TO TOP


  1. TOP
  2. 商品豆知識
  3. 絹かわなす

2017.07.03 絹かわなす

本日のご案内は、愛媛県産の「絹かわなす」です。

絹皮なす

「絹かわなす」は、愛媛県の西条地区だけで古くから自家消費用として栽培されてきた在来種で、明治時代には既に栽培が行われていたという記録が残っています。地元では「ぼてナス」の名で親しまれてきました。「うちぬき」と呼ばれる、湧き水を使ったこの地域特有の栽培方法により、ふっくらとみずみずしく育っています。

「絹かわなす」という名称はJA西条によって商標登録され、収穫された中でも特に高い品質のものにしかつけられません。大きさは米なすとほぼ同じで、ヘタの部分は日本の在来種らしい濃い紫色をしています。アクが少ないのも特徴で、その名のとおり皮まで驚くほど柔らかです。浅漬けはもちろん、厚切りにして両面をしっかりと焼いて田楽にしていただくのもオススメです。これからが旬の絹かわなすを、この機会にぜひご賞味ください。

絹かわなすに関連するブランド

絹かわなすに関連するカテゴリ

絹かわなすに関連する商品豆知識

絹かわなすに関連する食材図鑑