• カステルマーニョ・ディ・モンターニャ・アルペッジョ(DOP)

ピエモンテ州はクーネオ県の一部で生産されています。 原料乳は牛乳で、これに5〜20%羊または山羊の乳を加えることができますが、この商品は牛乳のみで作られています。言い伝えによると12世紀にグラーナ渓谷の牛飼いが考え出したと言われています。 熟成は涼しくて湿気のある自然の洞窟、あるいは同様の環境にて最低60日間行われます。湿度が70〜98%、気温は5〜15℃に保たれ、これにより自然なカビがカステルマーニョに付着します。外観は濃いアイボリーカラーで時にピンクがかることもあり、シワがあります。生地は真珠色やアイボリー、熟成が進むと黄土色になります。 熟成が長いものほど硬く、ポロポロと崩れます。若いものは心地よい塩味を感じられます。熟成が進むとよりスパイシーで酸味もあり個性がはっきりとします。生クリームと合わせてリゾットやニョッキのソースにどうぞ。フルボディの赤ワインにとても合います。なお、本商品は、「アルペッジョ」という、通常のカステルマーニョよりも標高の高いところで作られた特別なもので、こだわりのイタリアン料理人におすすめの逸品です。


産地
イタリア ピエモンテ

入量
280-330g位

税抜価格  16,800 円/kg

税込価格
18,144 円/kg

送料550円OrangeMembersの場合、送料無料)


入荷無し